MENU

ハウスメーカーの値引き合戦! スウェーデンハウスを諦めて積水ハウスを選んだ理由

積水ハウス推しのもち(夫)。

スウェーデンハウス推しのゆり(筆者)。

ついに出揃った両メーカーのお見積書を広げて、都内某所のファミレスで話し合いのスタートです。

Contents

これまでの簡単なおさらい

紆余曲折ありましたが、遂に希望ハウスメーカー2社からのお見積もりが出揃いました。

冒頭でも述べた通り、もちは積水ハウス推し、ゆりはスウェーデンハウス推しです。

間取り図比較

なんだかよく似た間取りだな〜と思いませんか?

わたしもそう思っていました!

ところが、この日を迎える直前に夫婦で間取り図を徹底比較したら、住み心地に大きな差があることが見えてきました。

お見積もり比較

積水ハウスとスウェーデンハウス、お見積りの結果は互角でした。

互角とは言っても、見積書に記載されている数字はスウェーデンハウスのほうがずっと低いです。

ついでに、仕様もスウェーデンハウスのほうがハイグレードな設備をたくさん入れてくれています

ではなぜ互角なのか?

それはメンテナンス費用まで考慮したから!

まだ夫婦ともに20代。

60年後までのメンテナンスコストはきっちり計算に入れました。

もち

もちろん、ローンを組む分と現金での支払いは分けて計算しているよ

そんなわけで大雑把に見れば互角な両メーカーですが、積水ハウスからは帰り際に「もう一声なら…!!」と言われています。

どっちのハウスメーカーを選ぶの? 夫婦の話し合いスタート!

積水ハウスにお値引きをもう一声頑張ってもらった想定でのトータル金額でも、スウェーデンハウスが勝利。

しかし…差額は1ヶ月のお小遣い程度でした。

もち

金利を2.2%とかなり多めにみて計算しているから、この利率を下げるだけであっという間に積水ハウスの方が総額が安くなるね

ゆり

で、でも! スウェーデンハウスは設備グレードをかなり上げて見積りを出してくれているから、仕様を揃えるとまた逆転するかもよ?

最早価格で決められるような差ではないということです。

しかし、話し合っても毎度平行線…。

もち

よし、じゃあ目安で提示された追加値引き額を本当に積水ハウスがクリアできたら積水ハウス、1円でも及ばなかったらスウェーデンハウスにしようか?

スウェーデンハウスへ連絡

ゆり

ちょっと待って! そんな積水ハウス任せのやり方じゃ、これまでずっと親身になって頑張ってくれたスウェーデンハウスの担当さんに申し訳が立たないよ!

もち

う〜ん、そうだね。じゃあ、まずスウェーデンハウスに連絡しよう。積水ハウスにお願いするのと同額の値引きをお願いする。これでどう?

もちの意見に賛成し、スウェーデンハウスにメールで連絡しました。

夫婦で希望するメーカーが異なること、お互いどちらのメーカーにも魅力は感じていることを説明した上で、

夫婦で何度話し合っても決まらず、積水ハウスの値引き頼みになっております。
しかしながら、最後の最後がこんな積水ハウス任せなのは納得できないので、もし追加でお値引きをいただけるなら…

と目安の金額を書き添えて送りました。

先に言っておくと、一時間後にはこんなことしなければ良かったと後悔することになります。

ほどなくして担当さんから電話が来ました。

なんと、こちらの提示した価格をやや上回る値引き額でご調整いただけるとのこと!

弊社として出せるお値引きは超えているのですが…ここまで来たら、もうやるしかないということで。上の承認は既に取っています!

ですがひとつお願いが…。社内での決済が通ったら契約を確約してくれないと困るんです。僕の今後のお客さんにも迷惑がかかってしまうので…

ゆり

そうですよね、こんなお願いして申し訳ないです…。あの、積水ハウスに確認をしたいので、決済を通すのは待っていただいてもよろしいでしょうか? 明日中には必ず結論を出してご連絡しますので!

もちろんです! お待ちしております

電話後、とんでもないことをしているのでは?と胃が痛み出すわたし。

しかし主人は飄々とした顔で、積水ハウスにスウェーデンハウスの追加値引きを加味した目標額を電話で連絡。

積水ハウスから返って来た返事は、スウェーデンハウスSさんほ先程の回答と全く同じ。

「ここまできたらやるしかない」でした。

値引き合戦開幕

ゆり

どっちもお値引き出してくれるっていうなら結局振り出しじゃない…?

いえ、実際には振り出しではありません。

積水ハウスは、スウェーデンハウスの追加値引き分もカバーするレベルのお値引きを約束してくれました。

つまり、積水ハウスに決まっても文句を言えない状況なのです。

それでもなお、こんな僅差でスウェーデンハウスが破れることが悔しくてたまらない。

もち

とりあえず、今の状態をスウェーデンハウスの担当さんに伝えなきゃね

ゆり

うぅ…それってもうお断りってこと…だよね?

もち

まぁ……。とりあえず、電話にするから一旦外に出ようか

ファミレスを出て外のベンチに座り、今回はもちに電話をかけてもらいました。

もち

…というわけで、積水ハウスが更なる値引きを出してきたので…はい。そうですね。もうこれ以上は、ということであれば積水ハウスに………はい。なるほど。え〜〜〜っと、そうですね、はい、もう一度積水ハウスに確認を…いえ、そこは大丈夫です。何があってもこれで最後にします

ゆり

そわそわそわそわ

もち

はい、では、結果は必ず明日には。はい。それでは失礼します

ゆり

…!

もち

ゆり。スウェーデンハウスが「あとこのくらいなら何とか頑張ります」って。だから、これからもう一度積水ハウスに電話する

ゆり

…!!

スウェーデンハウスで建てられる可能性が消えなくて嬉しいはずなのに、わたしは遂に喜べなくなっていました。

担当さんのことを思うと胃がキリキリするし、適正価格から外れていくのが怖くて仕方ありません。

わたしたちには元々、値引き合戦をして少しでも契約金額を下げようという計画はありませんでした

こんなことになっているのは、夫婦の話し合いで結論が出せなかったせいです。

元々は単純な数字勝負の予定でしたが、メンテナンスコストを含めた価格差が金利の誤差の範囲となってしまったことにより、この勝負をメーカーの値引き頼みにしたのが誤りだったのです。

ゆり

世の戦略的に値引き合戦して契約した人たちってすごい…。こっちの精神がすり減ってもたないよ…

悶々としていたら電話を終えた主人が戻ってきて、積水ハウスも更なる値引きで対抗してきたと教えてくれました。

終わりの見えない値引き合戦に、遂に言い出しっぺのわたしが耐えられなくなりました

ゆり

もうこんな値引き合戦はやめたい…。わたしが間違ってた。ごめんなさい…

もち

うん、実はスウェーデンからも積水からも、「うちの会社は値引き合戦で契約を取るというスタンスではないので、これ以上は厳しい」って言われてる。それに俺ももうやめたいと思ってた

どちらからともなく「もう価格じゃないよね」と頷き、一旦家に帰ることに。

最後はわたしたちの話し合いで結論を出すしかないと覚悟を決めました。

やっぱり最後は夫婦の話し合い

前の晩から何度も話し合いを重ねてきましたが、最初から最後まで平行線だったわたしたち。

何を話せば解決するかわからないまま、改めて本音を打ち明けあうことにしました。

決着の一言

家に帰って、早速正座で話し合いが始まりました。

昨晩話したのと全く同じ内容。どうせまた平行線。本音を出し尽くしたら、次はどんな話をしよう…。

今更すぎる本音を再度語りながらも、解決するとは思えず次の話題を必死に考えていた時。ついにもちから新たな発言が飛び出しました。

もち

自分でも、今気付いたんだけど。スウェーデンハウスに決まった場合、自分が楽しく家づくりをできるのかわからない

この言葉はわたしの心にもストンと落ちて来ました。

言葉にできていなかったけれど、以前からぼんやりと感じていたことだったのだと思います。

もち

なんか、スウェーデンハウスで作ると“ゆりの家”になるような気がしてずっと引っ掛かってた。俺は“ふたりの家”を作りたい

こんなプロポーズみたいなことを言われちゃったら、もう完敗です!

スウェーデンハウスとの打ち合わせでは、いつもわたしと担当さんが盛り上がっていて、提案も自然とわたし向けの内容ばかりになっていました。

担当さんは主人のこともちゃんと考えていてくれたと思います。ですが、主人は元々主張が少ないので、要望をうまく汲み取れなかったのでしょう。わたしですら、主人の好みを正しくは把握できていないくらいなので。

それでも、積水ハウスの担当さんはデザインをわたし好みに寄せつつ、主人の感性に合う間取りを提案してくれました。

“わたしたちの家”は、積水ハウスにあったのです。

そんなわけで、あれほど負けを認めなかったわたしも気持ちよく納得することができ、積水ハウスと契約することが決定しました!

積水ハウスへのお願い

スウェーデンハウスは潔く諦めましたが、積水ハウスに対しては不満もあったので契約には条件をつけました。

①キッチンのオプション差額を抑えていただくこと
夕方の打ち合わせでキッチンがお願いしていた仕様と異なると伝えたところ、差額はなんとかうちで吸収しますと約束してくださった件です。

②最後のお電話での値引き額を守っていただくこと
「もういいよ」と言いたいところですが、ここを守っていただかないと、最後まで頑張ってくださったスウェーデンハウスの担当さんに申し訳が立ちません。

すぐに主人から担当さんへお電話し、この日のうちに積水ハウスとの契約が決まりました

積水ハウスで家を建てます!

我が家は積水ハウスのシャーウッド グラヴィス・ベルサ決定しました!

20帖のLDKは叶いませんでしたが、別途2帖のリビングクローゼットがあるため、LDKは18.8帖をめいっぱい使えます。

玄関にはシューズクローゼット+αで土間の物置スペースがあり、ホールにはコートをかけられる収納もあります。

また、当初から目指していた踏面の広いゆったり階段も叶えてくださり、その影響でお風呂も1618になりました。

2階の動線も非常に綺麗で、念願の寝室水飲み洗面まであります。

メンテナンス費用は、太陽光の売電を貯めるだけで賄える予定とのこと。

ゆり

勿論別途積立はしていくので、売電分は非常時の備えになってくれると良いな

初期投資は少し高めですが、きっと住む人に楽をさせてくれる家になるだろうと期待を込めて、これから積水ハウスの担当さんと共に頑張っていきます!

オマケ ~メーカー決定後~

もち

こんなに大きなもの、初めて譲ってもらっちゃったね。ごめんね。ありがとうね

ゆり

ううん! いっつももちが譲ってくれてたし! 大きいものだけじゃなくて、小さいものも…

もち

ん〜、そうかな?

ゆり

うん…。…………ねぇ。わたし、もちに何か譲ったこと今までにあったっけ

もち

え〜、あるでしょ。……具体的には、思い出せないけど

ゆり

………

もち

………

こんな日でも変わらず、仲良し夫婦です!!!

最後まで読んでくださりありがとうございました。
クリックで応援していただけると励みになります↓

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる