MENU

【間取り図公開】バーチャルルームツアー! 積水ハウスと契約後初の打ち合わせで、間取りを調整しました

ついにゆりもち夫婦は積水ハウスと契約しました!

この日は契約後初めての打ち合わせです。

Contents

契約後の初打ち合わせ

この日は設計担当と設計責任者のお二方にお会いできる予定でしたが…

担当営業

設計担当の都合がつかなくなってしまったので、本日は私と設計責任者でのお打ち合わせとなります。すみません

残念!

でもこの日お会いした設計責任者さんは非常に頭のキレる方で、積水ハウス全体でも有名な方とのこと!

期待して打ち合わせに臨みました。

契約時の間取りの調整

この日の打ち合わせでは、契約時の間取りを2時間かけて微調整しました。

ただ図面を並べてもつまらないと思うので、この日の変更点も交えつつバーチャルルームツアー形式で我が家の間取りをご紹介します!

バーチャルルームツアー 1階

1Fは玄関ホール、トイレ、LDK、リビングクローゼット、書斎の構成です。

FullSizeRender

玄関ホール

FullSizeRender

玄関は横に広く、収納を除いても2人暮らしには十分な広さです。
※画像ではうまく表現出来ませんでしたが、敷居の手前が玄関です。

ワイド1mの玄関収納に続いて、ホールにもワイド1mの収納を設置。

玄関収納にはシューズなどを収納し、ホール収納にはコートや鍵などをかける予定です。

ホールの突き当たりにはワイド1mの洗面台があり、その左手はトイレ、右手がLDKに続くドアになっています。

LDKにトイレが隣接していると音が気になるという記事をよく見かけましたが、我が家はうまく距離を取ることが出来ました。

LDK

FullSizeRender

ドアを開けるとまずお目見えするのは、我が家のLDKの主役リシェルSIの鮮やかな水色!になる予定。

ゆり

む、キッチンに窓が! これは絶対にNG!!

窓について

通常は採光の為に窓を増やすと思いますが、わたしが光を原因とする偏頭痛持ちであるため、減らす方向での調整がメインとなりました。

家中のすべての窓に遮光カーテンを取り付ける為、飾り窓は完全にゼロです。

というわけで、キッチン奥にある細長い窓を削除しました。

LDKの間取りに話を戻しましょう。

入口からLDKに入り、ダイニングテーブルから振り返るとこんな感じ。

FullSizeRender

入口ドアの左側には腰高の棚、右側には(画像では再現出来ませんでしたが)電気スイッチやインターフォン、給湯器、パワーコンディショナーなどが設置されています。

腰高の棚の上にニッチを設け、電気スイッチ以外をニッチに移動させました。

もち

これで壁もスッキリするし、電気もつけやすいね

ゆり

ちなみに左側の棚は下をオープンにして、ルンバの基地にする予定!

リビングクローゼット

FullSizeRender

リビング階段下+αの空間をリビングクローゼットにしました。

この時点では間取り図に反映されていませんが、今後可動棚が追加される予定です。

2m×2mとクローゼットにしては広めの空間ですが、真ん中に階段を支える柱が入ります

書斎

FullSizeRender

リビングクローゼットの隣はわたしの書斎です。入口はアール壁になっています。
(画像ではアールが再現できていませんが…)

本棚とワイド1,800mmのテーブルを造作で設置予定。

書斎から出た左手に正方形の小さな窓がありますが、先述の事情により削除

窓とドア

FullSizeRender

ここで改めてLDKを見てみると、キッチンとテレビ脇の窓をなくしたことによりLDKの採光が西南のワイド1.5mの窓×2 のみとなってしまいました。

暗いリビングになるのを避けるため、縦に長い窓に切り替え、ワイドも2m×2に変更して寄せました

FullSizeRender
もち

窓を床まで伸ばしても良いんじゃない?

今は車をお持ちでないと思いますが、車を買った場合は駐車スペースが窓の位置に被るので、床からの窓だと余計に圧迫感を生みます。

もち

む、それならやめよう

さらにここで問題に挙がったのが、ドアの場所

今のままだと、バラバラで綺麗ではありません。

IMG_9611

これを、階段を中心にシンメトリー+アール壁となるように変更。
※画像ではアールが作れませんでした

IMG_9612

うん、まとまりが良くなりました!

画像では上手く再現されていませんが、リビング収納のドアとアール壁はもっと距離が開きます。

階段

階段は念願のゆったり設計! 踏み面が25cm(段板自体は28cm)と普通の階段より数センチ広くなっています。

また、階段には窓がない予定でしたが、換気と採光のために追加しました

バーチャルルームツアー 2階

2Fはお風呂、サニタリールーム、ランドリールーム、WIC、トイレ、寝室、洋室の構成です。

FullSizeRender

ミニ収納

階段は吹き抜けにせず、高さ1mからの収納を設けています。

ワイド1m奥行1mなので、お布団などをしまうのにピッタリのサイズです。

お風呂〜サニタリールーム

FullSizeRender

お風呂は1618の洗い場ややゆったりサイズ。

もち

地味に新居で一番楽しみなんだよね

お風呂を出るとサニタリールーム。

上がって右手にはお風呂の中から手が届く腰高の棚があり、中には脱衣カゴを、棚の上にはその日使うタオルを置けるようにしました。

FullSizeRender

お風呂のドアの向かいにはワイド1,800mmの洗面化粧台。右側は椅子をしまえるメイクカウンターになっています。

さらに左にはワイド1,000mmの造作収納。タオルの替えや下着などを収納予定です。

ランドリールーム

FullSizeRender

サニタリールームの隣にはランドリールーム。

壁を凹ませて洗濯機置き場を設け、その上には可動棚を設置しました。

1.5m×3mのフロアには、画像にはありませんがホスクリーンが物干し竿2本分設置されています。

さらに左奥にはカウンターを造作し、その上にも平行に物干し竿を設置。

カウンターにハンカチなどを置いてサッとアイロンをかけたり、洋服をハンガーに吊るしたままスチームアイロンで伸ばしたりする予定です。

ウォークインクローゼット

FullSizeRender

乾いた洗濯物はハンガーに掛けたまま隣のWICへ。

画像ではまっさらな空間になっていますが、実際には両脇にずらーっとハンガーパイプが通って、下着以外は全て畳まずに掛けられるようにしています。

3畳以上あるので、夫婦2人なら衣替えも必要ない広さです。

パイプの上には棚が設けられており、あまり使わないキャリーケースなどを収納できます。

寝室

FullSizeRender

WICを通り抜けると寝室に続きます。

寝室にはベッドサイドテーブル、そして念願の水飲み洗面が設置されます。

ワイド1,500mmのホテルライクな洗面の想定で間取りが作成されていますが、そこまでは必要ないのでワイド1,000mm以下で洗面台を探すことに

水飲み洗面に侵食されていたWICの凹みを修正し、WICを綺麗な長方形にしました。

ゆり

寝室も洗面台を除けば綺麗な長方形!

寝室にはもうひとつ悩みが。

それは今使っている厚さ30cmのベッドのマットレスを運び込めないこと。サイズが大きいため階段曲げが出来ず、このままだと寝室の窓からも入りません。

これを解決するために、寝室の大きな窓をワイド1.5mから2.5mに変更さらに、寝る時は真っ暗派なので南側の小さな窓は無くしました

FullSizeRender
ゆり

この、お風呂〜サニタリールーム〜ランドリールーム〜WIC〜寝室の動線は、積水ハウスを見学するより前からこだわっていました。見事叶って嬉しい!

洋室

FullSizeRender
もち

寝室の隣は俺の部屋!

入って左手に収納を設置する可能性が高いため、小窓の位置を変更しました。

FullSizeRender
ゆり

以上が、契約直後の我が家の間取りです!

来週からインテリアコーディネーターさんとの打ち合わせが始まるので、ここからさらに変更されていくと思います。

初回打ち合わせ後の間取り図

最後に改定後の間取りを貼っておきます!

1F

FullSizeRender

2F

FullSizeRender


最後まで読んでくださりありがとうございました。
クリックで応援していただけると励みになります↓

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる