MENU

スーモへ駆け込み! はじめての注文住宅講座

Contents

スーモに頼ろう!

ハウスメーカーや工務店のHPから請求しまくった資料がぱらぱらと届き始めた頃。

早くも「資料請求では何も進まない!!」と気付いていました。

ゆり

資料からじゃ欲しい情報が得られない…。
そうだ!スーモカウンターに相談しよう

複数の講座がありましたが、総合的に学べそうな『はじめての注文住宅講座』を予約。

Web予約が完了すると、メールで事前アンケートが届きました。

入力フォームに沿って現在のおおまかな計画を回答し、早速スーモカウンターへ向かいました。
※行動力の塊なので、思い立ったその日の午後の講座を予約しました笑

ゆり

スーモといえば住まい探しの最大手だもんね!
いーっぱいアドバイスもらおー♪

はじめての注文住宅講座

店舗に到着して席に案内されると、まずタブレットを渡されました。

注文住宅講座は、スーモカウンターについてをまとめた動画を視聴し終えてからのようです。

スーモカウンターの役割

スーモカウンターの主な役割は、ハウスメーカーとの仲介です。
注文住宅講座も、そのための取り組みの一環になります。

スーモカウンターに仲介してもらうと、たくさんのメリットがあります。

  • 要望に沿ったメーカーを紹介してくれる
  • 実績のある営業さんを紹介してくれる
  • 展示場見学や打ち合わせの予約を代行してくれる
  • 言いづらい相談やお断りなども代行してくれる
  • 勿論、自分でメーカー営業と直接連絡を取ってもOK
  • 展示場見学後のアンケート記入でリクルートポイントがもらえる
  • 契約が成立したら、無料でスーモカウンターW保証がつく
スーモカウンターW保証とは

①完成あんしん保証

建物が完成するまでスーモがサポートしてくれます。

万が一建築会社が倒産した場合、引き継ぎ建築会社の紹介をしてくれるのはもちろんのこと、過払い金や余計にかかる費用をスーモが補填してくれます。

②設備あんしん保証

建物の引き渡し後もスーモがサポートしてくれます。

キッチン・バス・トイレ・洗面・給湯器の5大住宅設備が故障した場合、お引き渡しから3年以内なら累計で10万円まで修理費用を保証してくれます。

ゆり

お金を一銭も払わないのに保証がつくなんてすごくない?!
大手ハウスメーカーだと利用する機会なさそうだけど、小さめの工務店で建てたい人には心強い見方だね

もち

その分ハウスメーカー側からの値引き額には影響すると思うけど

ゆり

まぁそれは…という名のハウスメーカーのみぞ知るということで

家づくりについて相談

動画を見終えるとようやく今日の担当さんが現れました!

事前アンケートの内容をなぞりつつ、現在の計画や進行状況についてのヒアリングからスタートです。

『講座』といっても、一方的に講義を聞くのではなく会話をしながら進める感じでした。

土地のエリアが決まっていません。
希望の条件はこんな感じですが、これらを満たすエリアはありますか?

土地はここでは紹介できないので、ハウスメーカーに協力してもらうか不動産屋さんに聞いてください。

ゆり

えっスーモなのに?

鉄骨か木造かって、皆さんどうやって決めてるんでしょうか?

好みですね…。

丈夫な家にしたい方は鉄骨、暖かい家にしたい方は木造だと思います。

資料請求をしましたが、メーカー比較がうまくできなくて次にどうしたら良いかわかりません

あっ、ご自分で資料請求されましたか?

実は既に資料請求されていると、スーモカウンターからご紹介できないんですよ…。後で詳しくお話ししますね。

とりあえず、その場合はご自分でご予約いただいて展示場に行ってみるのが良いと思います。

頭金をあと1,000万円貯めるため、購入は5年後を計画しているのですが…

現金はだいたい200〜300万円あれば大丈夫です。

低金利時代なので、今の家賃を考慮すると頭金を貯めるより早く買う方がいいかもしれません。

2021年12月31日までに引き渡しができれば、住宅ローン減税での控除を受けられるのでお得です。

お子さんの計画などが絡むなど事情がある場合は、もちろん5年後でも良いと思いますよ。

資金についてはこれから詳しく見ていきましょう!

家づくりにかかる費用は?

3LDKくらいがご希望とのことで、30坪だと仮定すると…

坪単価55万円(ローコスト工務店)
→1,650万円

坪単価65万円(ローコストメーカー)
→1,950万円

坪単価85万円(大手メーカー)
→2,550万円

という感じになりますね!

もち

本当にこの価格を信じていいのか?
というのが一番の疑問なんだけど…

ゆり

他にかかるお金が色々あると思うんですが、どんなものがありますか?

はい。
設備などのオプション費用は坪単価には含まないメーカーが多いです。
それから、別途諸費用がかかります。現金で必要なのはこの諸費用です。

注文住宅にかかる諸費用
  • ローン事務手数料
  • ローン保証金
  • 団体保険料
  • 登記手数料
  • 登記料
  • 敷地調査費
  • 地盤調査費
  • 確認申請費
  • 印紙税
  • 引越し費用
  • 荷物保管料
  • 地鎮祭・上棟式
  • 水道過入金
  • 不動産取得税 など
ゆり

これって過不足のない情報なんだろうか…

土地探しのポイント

土地探しにはコツがあります。

①期間を決めて短期集中で探す
②土地と建物で100%を叶えることを目指す
③素早く動いて早めに申し込みをする

狙ってた土地が取られてしまうことは珍しくないので、土地だけで100%を目指さないことが大切です。

これ、最初は「?」だったのですが、わたしなりに要約すると…

「駅近で広い土地」みたいな、土地だけで100点満点の掘り出し物は滅多にない。
「駅から遠いけど安いから、希望のハウスメーカーで大きい家が建てられる」など家のメリットも加点して100点になる土地を探しましょう。

ということかなと思いました。

家づくりのスケジュール

家づくりのスケジュールは、おおまかに以下の通りです。

STEP
家づくりスタート

建物や土地の条件を書き出したり、資金契約を立てたりします。

STEP
ハウスメーカー選び

目安は1〜2ヶ月。

展示場見学や完成物件見学、工事見学などを通して希望メーカーを絞っていき、プランを何度か頂きながら決定していきます。

最終的には2〜3社での検討がおすすめです。

土地も探している人は、この期間に並行して土地探しも行います。

STEP
契約〜打ち合わせ

通常、土地と建物は同時に契約します。

2〜3ヶ月かけてプランを決めていきます。

また、土地の決済までにローンを申し込みます。

STEP
着工

プランが確定し、土地の引き渡しが完了したいよいよ着工です。

建築期間は4〜6ヶ月くらい。

STEP
引き渡し

建物が完成したら、引き渡しです。

ゆり

ハウスメーカーって2ヶ月で決まるもの?!
毎週土日使っても決まらなさそう…

展示場へ行ってみよう

せっかくなので2社ほど展示場を予約して行きませんか?
ただし、ご自分で資料請求をしていないメーカーのみになります

ゆり

すみません…。
かなり大量に請求してて、自分でもどこに請求していないかわからないレベルなんです……。

この後、資料請求した可能性の低そうなメーカーを適当に2社選んで、展示場見学の予約を入れてもらいました。

その時のレポートはまた別の機会に…。

スーモカウンターはおすすめ?

正直に言います。積極的におすすめはしません。

Webで色々と調べるのが面倒な方には良いかもしれません。
ですが、この記事にたどり着くくらいの方々には向いていません。

なぜなら、ここで聞けるのはWeb少し調べればすぐに出てくる情報ばかりだからです。

わたしは予約していただいた展示場を見学後、スーモカウンターを利用しなくなりました。

大半のメーカーがスーモカウンターを通せなかったこともありますが、いざ一歩を踏み出してしまえばメーカーと直接やり取りする方が楽だったためです。

スーモカウンターからのしつこい営業等は一切ありませんでしたので、進め方に困ったら気軽に頼ってみるのもひとつだと思います。

ゆり

展示場に行くきっかけをくれたことには感謝しています。
その後はポンポン展示場へ足を運ぶようになりました!

最後まで読んでくださりありがとうございました。
クリックで応援していただけると励みになります↓

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる